神待ち福岡

福岡の泊る所のない少女

福岡に住んでいる私は、家出して博多駅で神待ちサイトで知り合った男性と待ち合わせをしました。会うなり彼に手を引かれて人波とは逆方向に歩きながらも、私の心は乱れていました。理性ではいけないと、思うのですが、私の中の女の部分がどうしても期待をしてしまうのです。
私は、その誘惑に負けてしまいました。
彼に手を引かれて、川沿いの土手を駆け上がりました。土手から降りると公園がありました。昔の彼と付き合っていたころに何度かデ?トした場所でした。
その河川敷からは、夏には、花火を見ることができないので、祭りの会場とはそれほど離れていないにもかかわらず、人の気配はありませんでした。
公園とはいうものの、砂場があるだけの場所です。昔は、財布の中身が寂しくなるとここに来て、ブランコに座りながら夜遅くなるまで他愛もない話をしていたのです。
今では遊びに来る子供たちも減ってしまったのでしょう、家出でもしない限りこんなところには来ません。そのうち無くなりそうな公園です。
福岡は都会のイメージかもしれませんが、こんな感じの場所が結構多いのです。
そう思うと胸がいっぱいになってきました。彼の欲望に私の体全体を愛されるのだという悦びが、全身を包んでいきます。
熱いものが体の中から溢れ、濡れているのを感じます。
彼の愛撫は上手でした。きっといろいろな神待ち娘と経験を積んできたのでしょう。大きな掌で包み込むように優しく愛され、乳首、首筋など、私の気持ちよい場所
をまるで知っているかのようにピンポイントで責めてくるのです。興奮のあまり、身体が痙攣しました。
この快感のために神待ち掲示板で遊んでいるのです。

 

福岡観光

 

福岡神待ち掲示板で知り合った女と福岡を観光しました。

 

大阪の泉大津港を午後5時に出港して、福岡県の門司港には午前6時に到着しました。

 

長時間じっとしているのが難しいので、自由に動き回れたカーフェリーの旅は親としてもリラックスして過ごせました。

 

カーフェリーは午前6時に到着後、シャトルバスで門司と小倉の方に送迎をしてくれました。

 

私たちは門司の方から下関にある水族館『海響館』まで関門海峡をを連絡船で渡りました。

 

そこから関門橋がきれいに見えました。

 

水族館を楽しんだ後、再び連絡船で門司港に戻り、駅近くの『九州鉄道記念館』を訪れました。

 

ここには蒸気機関車、かつて九州を走っていた『にちりん』、寝台特急などが展示されていました。

 

『ゆふいんの森』、『かもめ』、『ソニック』など九州を走る列車のミニチュア版に乗り、走らせることが出来ました。

 

宿泊は、子供と両親への負担も考え、小倉駅のステーションホテルを選びました。2つの大きいベッドがあり、添い寝でも十分にゆっくりと休むことが出来ました。
また部屋からは新幹線のホームを見ることが出来、子供たちは常に窓にくっついていました。

 

小倉駅はモノレールの始発でもあり、動いているのを見るのも楽しみの一つでした。

 

翌日はJRで10分ほどの距離にある『いのちのたび博物館』に行きました。

 

ここはいくつもの大きな恐竜の化石のディスプレイがあり、大変見ごたえがありました。

 

また『エンバイラマ館』では、音声ガイドの解説を聞きながら、コンピューター・グラフィックスと本物かと思うほどリアルに動く恐竜ロボットにより白亜紀の歴史が再現されています。

 

他にも、哺乳類、鳥類、爬虫類などたくさんの生物の標本が並んでいます。

 

このうちのいくつかの標本は、床にガラスを敷き、その下にディスプレイをされていて、上手く見せてくれるなと感じました。
ここではそのほかに九州の紹介コーナーまであり、たいへん充実した博物館でした。

 

福岡での観光を終えて大阪には新幹線で帰りました。


神待ち少女達が集まる大人気

神待ち掲示板