訳あり神待ち掲示板

家に帰れない訳あり女性たち

家出してから一夜明けた日に私は父からの連絡を聞いて神様にお願いをしました。あんなに祈ったのは初めての事でした。
家出は何回かしたことがありますが、神待ちは、初めてでした。掲示板も見たことが無かったんです。
父は私が訳ありで家出した晩にどうしても実家が気になって見に行って来たそうです。

 

途中から道が荒れていて、杖をついて歩いて行き、やっと実家に着いたと思ったら、家が無くなっていたそうです。
大きな家とおばぁちゃんがいつも寝ていた長屋が消えていて静まり返っていたと…その後に近くの山にあるお墓の所へ行ったら避難していた人が3人だけいて話を聞いたようなんですが、何かが全てを持ち去って行ったと聞いたそうです。

 

おばぁちゃんと一緒に住んでいた従兄弟と連絡が取れなくて心配していたんすが、その話を聞いて、もしかしたら津波に飲まれてしまったんじゃないか!?と思ってお母さんと一緒に泣いていました。
なぜ急にこんな事が起きたのか分からないと混乱もしていました。

 

その夜からずーっと訳あり神待ち掲示板で「神様!おばぁちゃんや従兄弟、叔父叔母がどこかで生きていますように!どうか助けて下さい!生きてさえすればなんとかなります!」そう祈っていました。

 

地震の時は私も友達と一緒に津波を見ていました。2階に逃げて助かりましたが、車に乗ったまま津波に連れて行かれる人や家ごと流されていく泣いている神待ちの女の子を見ていました。自分達だけ助かっているという罪悪感にもかられ、次の日ヘリコプターで救助に来てくれた消防隊の人に車を指差して、あそこに人が乗っているので先に助けて下さい!と叫んでいました。

 

あんなに恐ろしい津波を目の当たりにしていたのでおばぁちゃん家がないと言うのは死につながっている…。いろんなサイトを見ましたが情報がありませんでした。

 

そう思いながらも神様に祈っていました。もしかしたらやさしい神のご加護があって助かっているかも知れない。

 

家出して神待ちしてから5日目に嬉しい出来事があったんです!なんとおばぁちゃんと従兄弟と叔父叔母が私の家にやって来たんです!

 

学校で働いていた叔母は実家に近かったので家にいたおばぁちゃんを迎えに行ってすぐに逃げていたそうです。

 

逃げていなければきっと流されてしまっていたでしょう。

 

叔父と従兄弟は卒業式のために仙台に居たので津波にあっていませんでした。
私の実家も津波が来ていない場所だったので訪ねて来てくれたんです。
大変な時に申し訳ないけど…と言っていましたが来てくれてとっても嬉しかったです。もう、家出とか神待ちは、しないと決めた夜でした。

 

あの時ほど神様に感謝して泣いたことはありませんでした。きっとずっと見守ってくれていたんだ、他にも沢山の人を助けてくれるはずだ!

 

願いがきっと届いたんだと今でも信じています。あの晩に沢山の命が無くなったんですが神様はきっと見ていて手を伸ばしてくれるんだと実感しました。

 

お願い事をする事はしょっちゅうあるんですが、あの願いが一番強く思ったことですし、叶えてくれてありがとうございます!と訳ありの神様に感謝したのも初めてのことでした。


神待ち少女達が集まる大人気

神待ち掲示板